カテゴリ:その他( 12 )

 明けましておめでとーございます。ケラ&ザ・シンセサイザーズで歌を担当しているKERAです。

 世の中、いよいよCDが売れなくなっておる昨今、そしてフルアルバムなんか作ってもなかなか全部聴いてもらえない昨今、我々は初めてのフルアルバムを発表しようとしています。まことにタイミングのよい話であります。

 あわててつけた仮タイトルは「15 ELEPHANTS」。言わずもがなですが15頭の象のことでありまして、SMAPが、「ありがとう」という曲だかアルバムだかで、蟻が10匹いるビジュアルを展開していたので、ライバルとしては、蟻よりはるかに巨大な生物として象を提案し、まあこれだけでもかなりこちらが優勢なのですが、奴らの人気はかなりなものらしいので、数の方も一応1.5倍に増やして、ウサギとカメの例もあるし、念には念を入れたわけです。

 タイトル通り収録予定曲数も15曲を予定しています。まだまだ完成は遠いですが、私の音楽歴史上、「BECAUSE」以来の遊び心溢れる、ご機嫌な作品に仕上がりそうな気配なので、どうか春を首を長くして鼻も長くしてお待ちいただきたい。

 平行して犬山イヌコのひっさしぶりのミニ・アルバムもレコーディング中です。私はアドバイザーのようなコンセプチャル・プロデューサーのようなことをやってます。こちらもお楽しみに。

 ではひとつ今年もよろしくお願いね!
[PR]
by synth05 | 2007-01-01 06:59 | その他
現在、新作レコーディング中(期間長すぎ)のシンセサイザーズ。
合間の時間でこのような企画に参加しました。

MARQUEE vol.58(12/8発売)号掲載
特集[ナゴム] 国内インディペンデント/パンクの源流

1.ナゴムレコード
2.有頂天
3.ケラ&ザ・シンセサイザーズ
4.ナゴム対談:KERA(ex-有頂天)×ヒダカ(ビート・クルセイダース)
5.HONDALADY
6.FARMSTAY

全9ページに渡る特集になっております。
マーキーさんはコーネリアスさんや安藤裕子さんなど、小洒落たアーティストを
取り上げている雑誌ですが、こんな特集で大丈夫なんでしょうか?

HONDALADYとFARMSTAYはナゴムって感じではありませんが、
HONDAにはナゴム再生委員会のDieくん、FARMSTAYにはアサウチも
いますので、全く関係ないわけではない、といいますか、マーキーさんに
掲載されるアーティストとして、この2つの方がシンセサイザーズより
ずっと近い感じがします…。

ヒダカさんの有頂天〜ナゴムマニアぶりがいかんなく発揮されている対談も強力! 

お近くの書店でお買い求め下さい。
[PR]
by synth05 | 2006-12-03 16:00 | その他
←menuへ