詳細をトップページにアップいたしました。

大事なお知らせもさりげなく含まれております。ぜひご覧下さい。
[PR]
 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(演劇関連でのKERAはこの名前で活動しています)が主催する演劇ユニット『ナイロン100℃』の看板女優である犬山イヌコさんのアルバムにケラ&ザ・シンセサイザーズが参加しました。

inu cafe / inuko inuyama (犬山イヌコ)
■2007年7月4日発売 ■2,520円(2枚組/税込) ■DDCH-2301〜02

 この作品のDISC 2に全面参加しています。先日、DOORSのライブでオープニングに流れた「なにか」(曲名です)や、『帰ってきた時効警察』第四話の中で三日月しずか(麻生久美子)さんが歌った「しゃくなげの花」「月見そばのうた」「たべもの」のオリジナル・バージョンなどが収録されています。

 DISC 1にはKERAの楽曲「一番目の船」が収録され、三浦とchacoも同楽曲と「CANDY」という楽曲で演奏しています。

 ほかにもヒダカトオルさん、下地勇さん、森若香織さん、THE GOOD-BYEの曽我泰久さんらが楽曲を提供、また、犬山さんが声を担当しているポケットモンスターのキャラクター“ニャース”が歌う「ニャースのうた」を琉球アレンジでセルフ・カバーしています。

 発売日をお楽しみに!

 ちなみに『帰ってきた時効警察オリジナル・サウンドトラック』にも三日月ヴァージョンの犬山さん楽曲が収録されています。そちらもバックはシンセサイザーズ!

 こちらは好評発売中となっております。
[PR]
 7月28日のイベントタイトルは上記の通りです。

 かつてKERAが所属していたLES LONG VACATIONを中心に行われた同シリーズイベントが10年以上の時を経て復活!…ということかどうかはまだ知らされていないのですが(少なくともロンバケの復活イベントではないので)、たくさんのゲストに参加していただくとこで「オレたちの夏フェス」状態になるのではないかと思われます。

 随時状況がわかり次第お伝えしていきます!
[PR]
タイトルのスケジュールでケラ&ザ・シンセサイザーズ主催のイベントを開催いたします。

なにも発表していないに等しい告知(…)をトップページに掲載しました。
[PR]
明日のドアーズですが、当日券が出ます。

つまり、チケットが余っているということですね。ここは正直に。

この後、7月にイベントが一本入るのですが、多分、これが今年唯一のワンマンになると思われますので、ぜひお越し下さい。

今回は曲数も多いですし(曲が短いっていうのが理由ですが)、バンドのまとまりもいいですし、各曲ともにかなり早いテンポで演奏されてるので大騒ぎしようと思えばできますし、しなくてもいいですし、新しい衣装も作りましたし(夏仕様!)、天気もよさそうですし、初台というロケーションがネックですが、隣にあるオペラシティに立ち寄るもの楽しそうですし、立ち寄らないのもまたそれなりに。

なにより、ハッカイさんの衣装に注目じゃないでしょうか。
[PR]
# by synth05 | 2007-05-25 11:43 | ライブ
 私たちも準備が慌ただしくなってきました。

 さて、今回は「CD発売というわけではなさそう」とお伝えしましたが、『15 ELEPHANTS』より半分くらい演奏します。かつ、『The Very Worst Of 有頂天』『The Very Best Of 有頂天』もリリースされたので、そこからも新ネタを披露。新規楽曲が多く(ほぼ半数)、リハーサルもいつになく念入りに行われています。

 今回はYANAさん、平井さん共にシンセサイザーズは初参加(YANAさんはノー・シンセサイザーズに参加されていましたね)。YANAさんはZEPPET STORE(再結成ライブもあるそうです)やhide with Spread Beaver、平井さんは現在REVERSLOW、過去にはPOTSHOTにいらした経歴もお持ちだそうで、とにかくロック畑の方々はリズムのキレがすごい! 会場も小さめですし、スピード感溢れるライブになることでしょう。

 新しいT-シャツも販売します。現在のシンセサイザーズのテーマである「ニューウェイヴ創世記」の雰囲気をポップな配色でお届けします。

 チケットはまだ若干あるようです。前回のドアーズでは本番前日に売り切れたんですよね。同様なら今回も当日券はなし、になりますが、果たして今回はいかに?!

 
[PR]
# by synth05 | 2007-05-20 14:42 | ライブ
すっかり遅くなってしまいましたが、雑誌の掲載情報です。

本日発売のMARQUEE Vol.60に、KERAと三浦のインタビューが掲載されています。レコード会社の人が見たら激怒しそうな「売れなくてもいい」発言は見もの!

あと、特集がクラムボンさんで、表紙がとてもかわいいです。ほぼ渋谷系で占められた紙面で、ハッキリ言って浮いてます…。

そしてIndies Issue Vol.32にも上記の2人によるインタビューが掲載されています。結構インタビューらしく答えています(!)。こちらの表紙は銀杏BOYZさんです。

ぜひお買い求め下さい。
[PR]
# by synth05 | 2007-04-10 15:28 | その他
5月26日(土) 初台Live Bar Doors

出演:ケラ&ザ・シンセサイザーズ
 KERA(vo) 三浦俊一(G) 杉山圭一(Syn) 朝内雅俊(G) YANA(Ds) 平井義人(B)

開場 18:00 開演 19:00
料金 前売 4,200円 当日4,700円(別途ドリンク代(300円~)が必要です)

チケット発売日

☆店頭発売日
4月14日(土) 15時〜

チケットぴあ発売日
4月21日(土) Pコード 258-776

ローソンチケット発売日
4月21日(土) Lコード 39106

会場に関する情報はDOORSのサイトでご覧下さい。


※まぎらわしいので、先日書いた断片的な情報は削除しました。トラックバックを下さった方々にはお詫び申し上げますとともに、ご理解をお願いいたします。
[PR]
# by synth05 | 2007-04-10 14:59 | ライブ
「1週間後にはなにか決まるでしょう」と前回書きましたが、とりたてて
進展のないシンセサイザーズの特典情報です。

ただ、現状1つだけオフィシャルではありませんが、中野ブロードウェイ内の
ニューウェイヴ専門CD店「shop mecano」がSHOPオリジナル特典を付けて
下さるようです。

★三浦によるセルフライナー

…これ、オフィシャルじゃないと言えるのか…微妙なところです。

さて、mecanoは3月28日より休暇に入るそうで、発売日ドンズバ!
休暇が明ける4月5日がmecanoにおける実質的な発売日となります。
[PR]
 「The Very Worst Of 有頂天」「The Very Best Of 有頂天」が3月21日に発売となります。購入者特典がつく店舗とその特典を告知させていただきます。

★TOWER RECORDS

 TOWER RECORDS全店にてお買い上げの方に未発表ライブ音源収録のCD-Rをプレゼント!

■ 「The Very Worst Of 有頂天」→『BYE-BYE』(Live 1987)
■「The Very Best Of 有頂天」→『フューチュラ』(Live 1987)

 どちらも「有頂天 ナゴムコレクション」のボーナストラックに時間の関係で収録できなかった音源です! 

 レコーディング作品とライブの違いを聴き比べて下さい。ライブ演奏はナゴムコレクションのブックにも書いてあったように、テンポが早いです。

★SHOP MECANO

 店長自ら、なにかを仕掛けてくるそうです。詳細は「SHOP MECANO」で検索してみて下さい。我々は感知しません…。

 シンセサイザーズの特典に関しましては、確定しているものがまだありません。出てくるようでしたら、一週間以内には決まると思います。
[PR]
←menuへ